鳥取のうまいもの市場

【新商品】アカガレイの子造り 200グラム入り








冬の魚アカガレイは鳥取の食卓を彩ります
鳥取では、冬が近づくと店頭の鮮魚コーナーに、底引き網で獲れた「アカガレイ」が並ぶようになります。
白身の魚でありながら、淡白でなくしっかりとした味わいがある魚です。
アカガレイは主に日本海で水揚げされます。水深40〜900メートルの深海にすみ、6歳くらいで30センチを超えるほど大きく育ちます。
別名「マガレイ」とも呼ばれ、鳥取では、煮付けにして食べられるのが一般的ですが、新鮮なものは刺し身で食べられることもあります。
アカガレイの赤みは鮮度の証!
初めて見る方は驚くかもしれませんが、アカガレイは水揚げ直後から赤くなります。
実はこの「赤み」こそが「鮮度の証」で、新鮮なアカガレイは赤い色をして透明度があり、水揚げしてから時間が立つと白くなってしまうのです。
つづお食品では、この新鮮なアカガレイだけを市場で仕入れ、すぐに加工しています。


鳥取の岩美町の港町に伝わる郷土料理アカガレイの「子造り(こづくり)」
子造り(別名「子まぶり」)は、鳥取県東部にある岩美町の港町、網代周辺の郷土料理として親しまれ、晴れの日のお祝いの料理として食べられています。岩美町ではスーパーに子造りが並ぶと、その日の内に売り切れることも。
この郷土料理を皆さまにも食べていただきたくて、うまいもの市場でも販売することになりました。アカガレイの卵をたっぷりまとった、つづお食品のアカガレイの子造りを是非お召し上がりください。
〜オススメの食べ方〜
アカガレイの子造りは、塩ゆでにした卵がまぶしてあるため、そのままでも召し上がっていただけますが、オススメの食べ方は、お塩を付けて召し上がっていただくことです。
醤油ですと風味が感じづらくなりますので、是非お塩をお試しください。
つづお食品で販売中の”えびノ干シ塩”は、白身の魚に良く合いますので、こちらを振りかけても美味しく召し上がっていただけます。

画像1560

NEW
チルド
【新商品】アカガレイの子造り 200グラム入り

”アカガレイの子造り”は鮮度が大事で、アカガレイを新鮮な内にさばいて刺身にし、塩ゆでにした卵をまぶして作ります。
薄桃色の卵が食欲をそそります。
日本酒など酒の肴にピッタリの逸品です。

※鮮度が大事な商品のため、市場に入荷し加工でき次第発送となりますが、ご了承ください
※時価のため値段が変動します
※実際の商品はパック詰めされています
※時間指定を承れます
※写真はイメージです
商品コード 17suisan_akagarei200g
販売価格(税込) ¥2,700
数量
在庫数5個
配送可能期間2017-09-29~2018-02-28
返品受付可能日返品不可
返品について生物のため、お客様のご都合による返品はお受け出来ません。
配送料について詳しくは>こちら
特別配送料---

卵をたっぷりまぶしたアカガレイをお届けします!

レビュー一覧

まだレビューはありません。

カスタマーレビューを書きませんか?


    2017年11月
    1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930
    灰色の日は配送いたしません。

    お支払方法

    鳥取のうまいもの市場

    〒680-0864
    鳥取県鳥取市
    吉成1003(TEL:0857-53-0779)
    TEL 0857530779
    最短配送予定日:---