トップページ > 鳥取の地酒で乾杯!

鳥取の地酒で乾杯!

因幡地方の地酒

因幡地方には、鳥取固有の酒米「 強力 ごうりき 」に代表される優れた米と、気高町殿の「布勢の清水」などに代表される良質な水の特徴を生かしたお酒を製造している蔵元があり、全国的にも高く評価されています。家族や友人、大切な人と過ごす楽しいひとときに、「鳥取の地酒で乾杯!」をはじめてみませんか。
        



酒造探訪 ~中川酒造~

中川酒造といえば「強力」。その力強い名が秘める洗練された味わいは、どのようにして生まれるのか、蔵元の中川盛雄様に伺いました。

                              趣のある佇まいの「中川酒造」
文政11年(1828年)創業、鳥取県東部地域では最も古い歴史を誇る酒造です。酒蔵は大正時代のもので、鳥取出身の漫画家、谷口ジロー氏の作品「父の暦」に登場した酒造のモデルにもなっています。「いなば鶴大吟醸強力」は平成18年、19年度に「全国新酒鑑評会」で金賞を受賞し、全国にも中川酒造のお酒の品質の高さを広めました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇中川酒造のこだわり◇


こだわり①
酒造では日本で初めてHACCP(危害要因分析に基づく必須管理点)適合施設に認定され、徹底した衛生管理が行われています。
こだわり②
水は源太夫山(天神山)から湧き出る弱軟水(鳥取県の三大河川のひとつである千代川水系)の良質な井戸水を使用しています。                                      
こだわり③
「蒸し」という作業を最も大切にし、温度管理など、大量生産ではできない丁寧な仕込をおこなっています。
こだわり④
使用する酒米は、幻の酒造好適米「強力(ごうりき)」で、契約農家に減農薬、低肥料を心がけて作ってもらっています。

蔵元 中川盛雄様にお話を伺いました

 
  中川盛雄様

Q1.強力の好きな飲み方は?
→「強力の熱燗が好きです。また、おつまみは、あごちくわを温めてしょうが醤油につけて食べるのが好きですね。」

Q2.強力を初めて作り飲んだ時、脳裏に浮かんだ情景は?
→「これが自分に課せられた使命なのだと感じました。生産農家と苦労したことを思い出しました。」

Q3.最高の出来を感じたことがありますか?
→「平成18年の鑑評会で金賞を受賞した時ですね。涙が出るほどうれしかったです。」

Q4.小さな頃はどんな子供でしたか?
→「米俵でかくれんぼしたり酒蔵が遊び場でした。」

Q5.曽田様(※元杜氏)とはどんな関係でしたか?
→「よく2人で飲みました。夜の街に2人で飲みに出掛けることもありましたよ。」

※曽田 宏 氏(出雲杜氏)
蔵人として、島根、鳥取の酒造会社で働いた後、1972年(昭和47)に中川酒造の杜氏となる。
酒造りに携わって半世紀あまりにもなる名杜氏。醸造用蒸し米機の改良や、製麹段階の乾き過ぎを防止する装置の改良、また仕込み水のろ過装置の改良等により安定した品質の酒を醸造し続ける技術を確立するともに、鳥取独自の酒造好適米「強力」を原料として、個性溢れる純米大吟醸を蘇らせることに成功した。2002年(平成14)厚生労働大臣より卓越した技能者(通称「現代の名工」)の表彰を受ける。

〝鳥取〟にこだわった酒造りをされている蔵元 中川盛雄様。熱いお話をあり がとうございました。
店頭ではお酒はもちろん、強力の酒粕を使用したくず餅、飴、せんべい等のおかしの他、石鹸、缶バッジ等のオリジナルグッズも販売もされています。
予約をしていただくと蔵の中の見学もできますので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。


中川酒造のお酒


鳥取のこだわりのおつまみ

鳥取市ふるさと物産館

前田商店 ちくわ10本セット
      
     詳細を見る  

  鳥取うまいもの市場
    
  大好評!!ホタルイカの醤油漬け
           詳細を見る 
   

道の駅清流茶屋 かわはら

つくしんぼ手づくりウィンナー
           
 詳細を見る 
  

 
   とうふ工房雨滝
   
   こだわり豆腐詰合せ「凛」【送料無料】
           
 詳細を見る  




  • よくある質問
SNS公式アカウント
  • facebook とっとり市公式アカウント
  • facebook
関連サイトリンク
  • すごい!鳥取市
  • 鳥取市
  • irotori
  • 鳥取市観光コンベンション協会
  • 砂の美術館
  • 山陰海岸ジオパークトレイル
  • 山陰海岸ジオパーク推進協議会